FC2ブログ
ドブログ
雄臭い絵とか、獣臭い絵とか、あと日記も。 天安門、竹島(おまじない
プロフィール

牛神 満月(うしがみ みつき(うしまん)

Author:牛神 満月(うしがみ みつき(うしまん)
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カウンター



catman



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


喫茶マクハリ 閉店後

「どうですか兄(ニィ)さん、新作の感想は」

後ろで俺を嬲ってるのは、まだ自分が悪さをしてた頃面倒を見ていた弟分のギイチだ。
仕事を抜けて喫茶店をやると言った時、コイツは最後まで反対していた。
抜けた後もたまに俺の所へ来ては、新作の薬物の実験台にする。
「兄さんじゃないと駄目なんですよ」
そう言いつつ角砂糖のような物を俺の口に1つ、ケツに2つ押し込む。
胃の砂糖は早く効きはじめ、体に馴染んだ頃に腸の砂糖が吸収されはじる。
ゆっくりと、そして確実に俺を快楽の泥沼に沈めていく。
首筋を舐め、汗を舐め取る。
枕元に置いてある点鼻薬の筒を俺の鼻に押し込み、プシュっと何かを噴霧させた。
一瞬脳が揺れ、目の焦点が定まらなくなる。
揺れる頭を押さえつけ、ギイチは器用にもう片方の鼻の穴にも吹き付けた。
暗いはずの部屋が橙色に染まって見える。
ギイチが何かいっているが、バクバクと鳴る心臓の鼓動にかき消される。
「あ、あぁぁ…ぁ、あぁ…」
勃起したチンポからダプダプと先走りがあふれ出る。
いや、コレは精液だ。異様に血管が絡み、普段以上に膨張した肉棒からしびれるような快感が走る。

体の限界までドラッグを飲まされ意識が朦朧とするが、体は敏感で皮膚の上を流れる汗1つ1つがはっきり解る。
今俺は確実に堕ちている。
もし人間だったら廃人か、死んでるだろう。
こいつは俺が半人半鬼だと知らない。ただの丈夫な雄だと思っている。
自分の作った薬を限界まで受け入れる俺に堪らなく劣情を催すらしい。

「あっ、あがぁ、はっ、はっ、はぁっっっ!!!」
突然乳首を乱暴に引っ張られる。親指と人差し指でぷっくりと乳首を揉んだかと思うと、
掌で円を描くように乳首の先端を撫でるように責め、またギュゥッっと乳首を引っ張る。
まるで牛の乳首を搾乳するかのように嬲るが、それに併せて俺のチンポは射精を繰り返す。
乳首でイっちまうなんて…。肉屋のオヤジの罵詈雑言を思い出す。

「この淫乱牛野郎が」

顔をしかめ、恥ずかしがっている事に気がつくと、ギイチはハァハァ喘いで開いている俺の口に
液状の赤い薬を垂らした。
舌先にスタンガンを当てられたかのような衝撃の後、脳が完全にブっとんだ。
体を仰け反り悶えると、ギイチは俺を仰向けに押し倒し濡れた尻穴に肉棒をブチ込んだ。

ねっとりと俺の肉穴がギイチのチンポを包み、締め上げる。
徐々にギイチの腰の動きが速くなり、ボチュボチュと肉同士がぶつかる音が響く。
そのたびに俺の体はゼリーのように溶け、ギイチと1つになったような感覚になる。
ヂュル…ヂュルル…ヂュル…
荒い息をしながら舌を絡ませる。ケツを掘られ、乳首を責められ、唾液を飲まされ、
(ああ、どうなってもいい…俺、抱かれてる。男に抱かれて女になっちまってる…
 違う、女以下だ、単なる性処理の為の家畜だ……)
そんな意識に脳が支配され、情欲に溺れ始める。
それが解ったギイチは満足げに冷たい笑みを浮かべると俺の首筋や肩、胸に強く噛みつく。
それすら快感に感じ、俺の暴れるチンポは未だに精液を吐き出していた。

精液は汗と混ざり二人の腹の間でニチャニチャと音を立てる。
「兄さん…兄さん…俺の……兄さん…っ」
だがそれは俺には聞こえていない。聞こえていないと解っているから言っている
兄さん
兄さん
兄さん

ギイチは何度も何度も俺の中に精液を吐き出す。
俺の鳩尾に堪った精液を両手ですくい飲み下す。
精液越しにギイチの体にも薬が入り込む。

あとは限界まで盛るだけだ。
ドロドロに溶け、一つに混じり合う幻覚に襲われ、意識が黒く染った。


朝、目覚めたギイチにコーヒーを差し出す。
多少ばつが悪そうだ。
「…気にするな」
そう言ってギイチの横に座り、頭を撫でてやる。
「体の方は大丈夫ですか?」
「あんなの、水飲んで寝て、ションベンすりゃあ全部出てっちまうよ」
二人でベッドに寝そべり、タバコを呑み、コーヒーを飲む。まったりと落ち着いた時間が流れる。
ギイチは俺の脇に埋まり、また眠り始めた。
起きたらこいつの好きな飯屋でも行くかな。


冬コミに出した同人誌の雄03のキャラでツラツラと。
また描こうかと。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ushigami.blog122.fc2.com/tb.php/508-9ebfa416



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。